タイの病院で必要な費用

タイで病気にかかったりケガをしたりしたとき、病院でかかる費用について心配する方は多いでしょう。
タイの医療レベルは場所によって、かなりの格差があるとされています。

バンコクや主要都市の大病院であれば、日本と変わらない程度の治療を安心して受けられますが、地方都市の小さな医療機関では施設も貧弱なことが多く、充分な治療ができないこともあります。また大きな私立病院ではサービスが行き届いていますが、公立病院はタイ人の患者で混み合っていて、必ずしも丁寧な診療を受けられないとも言われています。

タイの病院の情報がわかりやすく紹介されています。

タイでは日本のように厳密な点数制で料金が決まるわけではなく、ある程度まで医療費を病院が自由に決められる制度があります。

したがって設備の充実したサービスの良い医療機関では、料金も高くなるのが普通です。

こうしたところでは、クレジットカードや保険証書を提示しないと、最初から治療を断られる場合もあります。



また無料で利用できる公営の救急車は少なく、ほぼ医療機関に属しているため、救急車の利用料を取られることも珍しくありません。

このようなことから、タイの医療費は日本より安いとは言えず、安全でしっかりとした治療を受けたければ、相当の費用がかかると考えたほうが良いでしょう。

特に入院や手術をするとなると、予想外の出費に驚くことにもなりかねません。
旅行や長期滞在の際には海外旅行保険などに加入して、万一に備えておくことをお勧めします。


2013の新卒がサイトを作成しました! >>DYM2013