日本とタイにおける病院の違い

治療や健康を守る意味では同じ意味合いになりますが、日本とタイの病院にあってないものがあります。

日本は治療を専念させるための病院になりますが、タイは患者さんに楽しませながら治療を受けることができる病院があります。


すべての施設がそうであるわけではありませんが、希望することでその望みが叶います。タイは世界でも有名な観光国です。

それを活かして医療ツーリズムという国家戦略を持ち出しました。観光ついでに医療を受けることができる環境を整えようとしています。

観光は誰の目から見ても充分な国ですが、医療技術面において不安視される方も多いはずです。

タイの病院の情報収集がもっと楽になります。

日本は製薬が許可されるまでに時間が掛かるネックがありますが、それでも世界から見れば高い医療水準になります。

その日本と同じ基準の医療を受けることができる環境をタイは整えています。

よって日本と同じ水準の治療を受けることができるでしょう。

日本に限らず、病院が苦手な人は世界に多いです。



そのような人達の受け皿になっている環境とも言えるでしょう。

ただしタイに行って治療を受けることができるというのは、一部の富裕層になります。

一般の方はなかなか手を出し辛い環境であるのは間違いありません。

ただし目的を絞ったこの国家戦略は世界中の人たちに支持されています。
日本人で余裕がある方は、楽しみながら治療を受ける選択をして、楽しんで医療を受けることをおすすめします。

微笑みの国がもてなしてくれるはずです。


DYMの2014年度新入社員がサイトを制作しました。 >>DYM2014